2022年蟹座満月

目次

2022年1月18日蟹座満月のチャート

2022年蟹座満月図はこちら、AstroDienstで東京の8時48分のチャートを出しています。

蟹座27度で満月です。
山羊座太陽のそばには、山羊座の冥王星がぴったりとくっついているのがとても印象的ですね。
わりに、不穏な空気感に包まれそうな雰囲気でした。
満月のときって、事故や事件が多いとか多くないとか言いますけれど、満月の日はあちこちで火事が起こっていた印象があります。
(このブログを書いているのは、満月翌日の19日です)
私自身も、18日にバイパスを走っていたら黒い煙がモクモクと上がっているのを目撃したので、その場でTwitterで検索したら、やはり火事でした。
私が目撃した場所での火事の情報も上がっていましたが、他にも何軒かの火事情報があがっていました。
今朝のニュースでも、「昨日は火事が多かった。」とキャスターさんが言っていました。

しかし、Twitterって便利ですね。
知りたいことがあったら、関連ワードを入れて検索したらリアルタイムでいろんなことがわかる。
まとめ記事もあっという間にアップされてました。

それだけ情報の拡散力が強くなったということだと思います。
私は、占いの勉強を始めて、特に占星術を学ぶようになってから

これからは隠し事ができない時代になるな。。。

と、強く感じてきました。
2021年からは「風の時代に入った!」などとも言われていますが、本当に情報が筒抜け状態の時代がやってきているんだと思います。

そして、それは目に見える、耳に聞こえる情報だけではなくて、もっと深いところから感じていく鋭い知性レベルでの情報も筒抜けになっているというところまできていると思います。

ぼんやりと毎日を過ごしていたら、頭の中で考えてることが周りの人にぜーんぶ駄々洩れでした。みたいなことが起こってくるんじゃないかしら。とか。

知的レベルの測り方が学力以外のものになるのも、もうすぐそこの未来かな。とか。

そんなことやこんなことを考えながらの蟹座の満月。
みなさまは、どうお過ごしでしたでしょうか?

今回の満月は、水星と金星が逆行中に起こりました。
その逆行中の水星と金星の間に挟まれるように太陽と冥王星のコンジャンクションがあります。

身近なところでの振り返りややり直しが、実は深いところから繋がっているカルマの解消になっていくかもしれません。

普段の習慣の中に刷り込まれているものを、ひとつひとつ取り出して点検していくと何かしら大きな収穫があるのではないかと思います。

まとめ

今日は、満月読みでもなんでもないことをダラダラと書いたように思いますが、その時に感じていることを書き留めておくことも大事じゃないかなー、と思って書いてみました。


今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる